6月例会のご案内

西東京経営研究会6月例会5月例会で社内のコミュニケーションがよくなったら、
どうなりたいか?何をしたいか?を話したくなりませんか?

そうです!ビジネスモデルをみんなで考えるとてもいいタイミングです。
学びを深めるためにも、
6月例会前に、先生の著書「ユーチューバーが消滅する未来」を読んでお越しください。
本書は岡田先生による鋭くも斬新な未来と
ビジネスモデルに関する考え方が書かれています。
今例会でケースから学んで頂き、
自社のビジネスモデルを革新する一助になりたいと思っております。
奮ってお越しください。

岡田斗司夫(おかだとしお)先生プロフィール
1958年生まれの61歳

昨年、『「ユーチューバーが消滅する未来」~2028年の世界を見抜く~』
という本をPHPから出版しています。
著書は80冊を越えます。

学生の頃から特撮の自主映画を創るなど、クリエイターな方です。
1984年に「ガイナックス」というアニメ制作会社を設立。
ガイナックスといえば「エヴァンゲリオン」のアニメを世に送りだした会社です。
皆さんご存知「シンゴジラ」の監督である庵野秀明氏はガイナックス時代に「岡田先生が育てた」と言っても過言ではありません。「プリンセスメーカー」という大ヒットゲームも岡田先生の作品です。

2007年に自身の50kgの減量を本にした「レコーディングダイエット」の本はベストセラーになりました。
今は、華麗にリバウンドされています・・・。

その後もテレビのコメンテーターなどで見かけましたが、本質を突いちゃう人なので、あまりテレビ向きではないです。しょこたんと共演したり、朝日新聞の「悩みのるつぼ」の回答者をされたりもしています。

吉本興業に所属しており、「吉本坂46」の最終オーディションまで進んでます。どうやら「アイドルを語るには自分で体験すべし」という探求心から、だったみたいです。

「社員が社長に給料を払う」、『FReex(フリックス)』という仕組みを実現しています。社員は岡田社長に年間12万円を支払い、代わりに岡田斗司夫という資源を使っていい、という仕組みで、ホリエモンも社員になっています。

2011年から「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」として、毎週日曜日に90分の独り語り生放送をしています。テーマは様々で、独自の視点での映画解説や書籍解説、経済の話、アニメ・漫画の話、などなどを語っています。
とにかく、「切り口、視点、考察、掘り下げの深さ」などなど、類をみない話が聴けます。

現在、株式会社オタキングの代表であり、オフィスは吉祥寺です。先日のニコ生ゼミでは、ガイナックスの社長当時、月末支払いの資金繰りに苦しんで、『どこに支払いを待ってもらうか』など経営者としての苦悩があったことも告白されています。

チラシはこちらからご覧いただけます。

例会のお申込みはメールで承っております。